2014年にスタートしたNISAとは

NISAとは2014年から始まった最大500万円までの投資に対し、株や投資信託の値上がり益や配当金(分配金)が5年間非課税になる制度です。
最大10年の制度継続期間中に毎年100万円ずつ非課税枠の設定ができます。
5年間の期間中に売却しても非課税枠の再利用はできません。

NISA口座を開設するには20歳以上である必要があります。
一度NISA口座を開設したら、4年間は他の証券会社で口座を作り直すことはできませんので注意ましょう。
まず最初に通常の証券口座がないと、NISA口座は作れませんので、NISAを扱っている証券会社に口座を開設し、NISAの資料を取り寄せるようにしましょう。

証券会社によって株式の売買手数料や条件が異なりますのでよく比較検討したほうがいいでしょう。
また証券会社によってNISAの口座開設キャンペーンも各種行われています。
たとえな松井証券ではNISA口座の株式売買手数料は永久無料で、証券口座では10万円以下の株式売買手数料が無料となります。

また楽天証券では、2014年度のNISA口座の株式売買手数料無料で、NISA口座開設で1,000円分の投資信託をプレゼント、証券口座開設などで18,200円のキャッシュバックなどのキャンペーンがあります。
またマネックス証券に口座を開設していれば、初心者向けのオンラインセミナーや勉強会を無料で受けられます。
NISAは毎年100万円ずつ非課税枠が増えるので、この制度を上手く使って投資をすれば、100万円の5回分もの大きな節税効果が得られます。

ただ気をつけなければいけないのは、5年の間に短期での売却をしてしまった場合、非課税枠は再利用できませんので、長期的な投資運用計画を立てるほうがこの制度を使った恩恵を大きく受けられることになります。